荻原健司はスキーノルディック複合の選手として長年に渡り世界のトップで活躍。
92年アルベールビル大会から通算4度オリンピックに出場。
団体戦で2大会連続の金メダルを獲得(92年アルベールビル、94年リレハンメル)。
世界選手権大会で4個の金メダル、W杯で個人総合3連覇を含む通算19勝。
「キングオブスキー」と賞賛を受ける。
02年に競技生活を引退。04年、国会議員としてスポーツ振興、教育に尽力。
その後、スキー指導者となり、オリンピックメダリストを輩出。
現在はジュニアスキー選手育成のために精力的な活動を行なっている。
群馬県草津町出身。

Kenji is a true NORQAINER – his life, his way